Wine Column

「今年のテーマは飲み頃のワイン」

昨年までの日本における輸入ワインの歴史に続いて、心機一転違う角度から輸入ワインを見ていきたい。2013年のワイン販売のテーマを考えてみると、やはり当社はレストランに主にワインを販売していることから、従来 飲み頃のワインを販売してきた。2013年はこれを一層すすめて、テーマとして「飲み頃ワイン」を掲げていきたい。

☆「飲み頃ワイン」とはもちろん赤ワインもあれば、白ワインもある。
これは多くのワインを試飲して感じることである。

白ワインでもシャルドネ種の特級ワインなどは、飲み頃に達するのに時間が必要と思われる。残念ながら少量の生産量のため、わかっていても早めに販売しなければならない商品もある。

☆また旧世界のワインもあれば新世界のワインもある。

仏ボルドーなどでワインがこなれるのに、特に時間が必要と思われるが、新世界でも米や豪州のカベルネ種系やジンファンデル種系も感じることが多い。特に新世界のワインでは飲み頃ヴィンテージのストックがないものが多いのが残念である。

☆また 小売価格が廉価なワインも高価なワインもそれなりに飲み頃はある。
もちろん 高価なワインは飲み頃が長い。

廉価なワインでは2・3年で飲み頃に達するのが多いが、特に高価な赤ワインで超熟なワインが多く、早めに飲んでしまうのを罪の意識を感じてしまう。

いずれにしても それぞれのぶどう品種やテロワールの特性を考えて、いわゆる飲み頃のワインを提供していくのが私どもの使命と考えたい。
今年のテーマとして頑張っていきたい!

(2012年12月28日更新)


Copylight (c) 2000-2013 Liquor Shop Ai


株式会社 リカーショップ愛  東京都中央区日本橋小伝馬町19-3 池田ビル3階
TEL. 03-5643-5237 FAX. 03-5643-8526
電話でのお問い合わせは午後0時〜午後5時までとさせていただきます。
リカーショップ愛は通信販売酒類小売業免許を付与されております。