Wine Column

「日本の輸入ワイン販売の歴史 U 副題 輸入商社」

1970年代の輸入ワインは今と較べると、規模は小さかったが以下の会社が活躍していた。

サントリー(株)は国産メーカーでもあるが、輸入ワインの分野でも早くから取り組んでいた。ジャーデン・マセソン(株)は輸入商社として明治時代初期からアジア全体で大きな商いをしていた。それぞれフランスのカルヴェ社やクルーズ社のワインを全国の酒屋や小売店に販売していた。

まだ日本の輸入ワイン・マーケットも小さかったので、それらの会社のワインで十分に量は賄えていた。その後 日本の輸入ワインの発展に伴い(それでもマーケットは小さかった)下記の変化が起きる。

サントリーはやがてカルヴェ社の輸入を止めて、ボルドーではCh,ラグランジュを買収したり、様々なシャトー・ワインを輸入する。ブルゴーニュでは長く苦戦していたが、販売会社ファインズの設立とともにブシャール・ペール社のワイン販売を中心にすえた。今では同じくアンリオ家が所有するシャンパーニュも輸入している。

ジャーデン・マセソン社はやがてボルドーはムエックス社、ブルゴーニュは英国人ワイン評論家ヒュー・ジョンソン氏の推薦するワインに焦点を当て販売するようになる。今ではいずれの販売も終了して、MHD社が直接生産する世界のワインを販売している。シャンパーニュのモエ・エ・シャンドン社は変わらず、今ではヴーヴ・クリコ社、ルイナール社のシャンパーニュも販売している。今ではMHD社としてワインは自社ブランドのみを世界的に販売している。

後に変化を遂げるが、初期では一般的なワインが販売され 温度管理などの知識もなく店頭に放置されるケースがほとんどであった。いかなる味わいを消費者が飲んだかはわからないにがその当時のマーケットであった。

(2012年3月5日更新)


Copylight (c) 2000-2013 Liquor Shop Ai


株式会社 リカーショップ愛  東京都中央区日本橋小伝馬町19-3 池田ビル3階
TEL. 03-5643-5237 FAX. 03-5643-8526
電話でのお問い合わせは午後0時〜午後5時までとさせていただきます。
リカーショップ愛は通信販売酒類小売業免許を付与されております。