「仏ブルゴーニュ地方の注目の若手 ニコラ・ポテル氏とお話して。」
注目のブルゴーニュの新しいネゴシアンのスター ニコラ・ポテル氏は1969年生まれということですから現在38才。若くしてその才能を高く評価された造り手である、7月半ばに来日された。

初対面の印象はザ・ビートルズのポール・マッカートニィ氏に似ている愛らしい顔立ちであった。
ある人はF1ドライバーであったアレジ氏に似ていると言うし、ある人はロッキーのシルベスタ・スタローン氏に似ているという。

彼のご両親つまりジェラール・ポテル夫妻はパリの出身だそうで、初めは南仏でワイン造りをしていたそうである。
その後 シャトー・ペトリュスを買おうという話もあったそうだが、ヴォルネイ村の畑を買った。買った相手はあのDRCヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュでオマージュされた氏だそうである。
そして1964年にラ・プースドールが生まれた、彼は4人兄弟でしかも上3人姉妹の末っ子に産まれた男だそうである。
まさにヴォルネイ村生まれのブルギニヨンである。

彼は日本食が大好きだそうで、いわゆる懐石、寿司、天ぷら何でも大好き。素材にも興味があるそうである。
現在100アイテムほどの白と赤を造っており、農家との契約形態は様々であるそうである。
最近は古めのヴィンテージが欲しいというお客様の要望に応えて、優れた造り手を回って密かなヴィンテージものも手掛けている。

「新しいニュースがります。2007年からいわゆるドメーヌ・ニコラ・ポテルを発売します。サン・ロマンとか幾つかの畑を手に入れていよいよ発売です。」
「ヘえ、確かニュイ・サン・ジョルジュの駅のそばに醸造所があるんだよね?」
「最近 新しい醸造所を買いました。」
「え、どこに?」
「ボーヌ街中のスシカイの真ん前、以前シャソソン社がセラーに使ってた場所です。」

「どんな醸造所にするの?」
「出来るだけエコにしたいために電気はソーラー・パネルで、水は雨水を利用するつもりです。」
「へえー、徹底した自然派なんだね。」
「えー、ワイン造りだけでなく関わる全てのものに気を使って行きたいんです。例えばステンレス・タンクは使いたくありません、コルクももし将来が難しくなったらガラス栓を考えてます。」

ちょっと行け行けのところもあるが、彼がしゃべると説得力があり周りに人が集まってくるのもよく理解できた。

そこでかねてからの質問。
「もしあなたがブルゴーニュで好きな白と赤を造っていいといったら、どこの畑を選ぶ?」
「ウーン、白ならシュヴァリエ・モンラッシェ、赤ならミュジニィかな。」
「先日同じ質問をアンリ・ボワイヨ氏にしたら同じ答えだったよ。」
「じゃあ ボワイヨ氏と共同でミュジニィ買おうかな?」
「輸入元のトーメン・フーズに買ってもらったら。」

(2007年8月31日更新)


Copylight (c) 2000-2013 Liquor Shop Ai


株式会社 リカーショップ愛  東京都中央区日本橋小伝馬町19-3 池田ビル3階
TEL. 03-5643-5237 FAX. 03-5643-8526
電話でのお問い合わせは午後0時〜午後5時までとさせていただきます。
リカーショップ愛は通信販売酒類小売業免許を付与されております。