「イタリアワイン界の両巨頭のお話し」

トスカーナ州 フレスコバルディ侯爵

 先日の来日の際 初めて侯爵にお目にかかりましたが映画「バック トゥー ザ フーチャー」にでてくる博士にあまりにも似ているのでビックリ!

 ご紹介の際に侯爵と言っても「そうろう」のほうの侯爵ですがと司会の方がご紹介すると その意味を誤解している方がいらして二度ビックリ!

「サンジョベーゼ種で造られた赤95年が とても飲み頃になって美味しいですね。 
やはり時間は必要ですね。」

と私が申し上げると

「95年のように良い年のサンジョベーゼ種は ちょっと待てばとても良くなります。」

とうれしそうにおっしゃいました。

 

ピエモンテ州 アンジェロ・ガイア氏

 ガイア氏いわく 世界のワイン名産地と言えども 真に偉大な土壌つまりセリエAは25%だけ。75%のセリエBは醸造技術など工夫してセリエAに入ろうとする。

 25%の偉大な土壌つまり畑を持っている人も様々なケースがある。たまたま運よく良い土壌をもっていた。他の人が気がつかないうちに買った。大金を使って買い占めた。

 かねてからワインは柳川派(どじょうは)を自認する私には いたく納得するお話しでした。

(2001年2月1日更新)



Copylight (c) 2000-2013 Liquor Shop Ai


株式会社 リカーショップ愛  東京都中央区日本橋小伝馬町19-3 池田ビル3階
TEL. 03-5643-5237 FAX. 03-5643-8526
電話でのお問い合わせは午後0時〜午後5時までとさせていただきます。
リカーショップ愛は通信販売酒類小売業免許を付与されております。